モスクワのナイトフライト Night Flightに行ってみた – 2019年7月モスクワ旅行

7月の連休を使ってモスクワ旅行に行ってきました。

長ったらしい旅行記を書いてもどうせ風俗ネタしかアクセスが無いので、ピンポイントで風俗体験談だけお届けします。

モスクワの風俗について

出発前に調べたところ、モスクワの風俗には以下が見つかりました。

  • ナイトクラブ
  • エスコート
  • マンション風俗
  • サウナ

このうち、サウナは地元向けでロシア語が話せないと辛いって書いてあったので優先度低め。簡単な順に試してみることにしました。

ナイトクラブ風俗

ナイトクラブというのは日本でいうとクラブで、男女が踊ったり音楽を楽しみに行く場所です。それはロシアでも同じで基本的には風俗ではありません。

しかしながら、海外のナイトクラブには売春目的の男女が集まっていたりします。僕は結構、ナイトクラブ風俗が好きでして、これまで行った所だと、シンガポール、タイ、インドネシア、キューバで行ってみた経験があります。

ナイトクラブ風俗の良い点は、女の子を近くで見て、ちゃんと話してから選べる点です。

一見は普通のクラブだし、踊りや音楽を楽しみに来ている客層がほとんどですが、中にフリーランスの売春婦が混じっていて、飲んでいると声をかけられたりします。

「どこから来たの?」など軽い会話から始まって、値段や条件の交渉。まとまれば一緒にホテルへ帰るという流れですが、会話は中学英語で十分ですし、間近で女の子をゆっくり見れるので、ハズレを引く確率は低くなります。

ゴーゴーバーやKTVのように、横1列にズラーっと並んだ女の子達を遠目で見てひとり選ぶのが苦手な人には向いていると思います。

自分から声をかけたり、ちょっとしたナンパ気分も味わえますし。

ナイトフライト Night Flight

モスクワ風俗におけるナイトクラブ代表は「ナイトフライト」です。国内外のサイトを調査すると、それはもういろんなサイトに書いてありました。

前述の通り、ナイトクラブは一見普通のクラブのため、お目当てのフリーランスの女の子がいるのかどうかがわかりにくいのです。

行ってみたらリア充な若者が踊り狂ってただけだった。そしたらビール一杯飲んでしょぼんと帰ることになりますので、事前の調査はしっかりしてから行った方が良いです。

モスクワのナイトクラブを調査した所、他のクラブはグレーでしたが、ここ「ナイトフライト」だけははっきりと「ロシア美人がいる」「持ち帰った」との情報が簡単に見つかりました。

しかも宿泊先のホテルに近かったので、モスクワ旅行初日に突撃するにはちょうど良いと思いました。

ナイトフライトの場所

トヴェルスカヤ駅の近くです。赤の広場から北西に伸びるトヴェルスカヤ通りはホテルやレストランも多く観光に便利です。

トヴェルスカヤ通りに面した外観。立派な佇まいです。

NigthFlight外観

入店

入口にスーツ姿の男性がいたような気がしますが、すんなり通された受付へ。

受付でお姉さんにワンドリンク付きの入場料2000ルーブル払います。

店内を見るとナイトクラブと言うよりバー。

バー(公式サイトより)

音楽がガンガンかかって外人が踊り狂っているフロアを想像してましたが、5席くらいのカウンターに2部屋分くらいの広さのフロア。思ってたより全然狭いです。音楽もかかってないので踊っている人はいません。

階段があったので2階へも行けるようでしたが、行かなかったのでどうなっているのかわかりません。

このとき、22時くらいでしたが、客が五人くらい。女性も5人ぐらいでした。

女性1人目と料金

受付から一直線にカウンターに進み、お姉さんに赤ワインを注文。カウンターになかったらしく、裏の方まで行って取ってきてくれました。

ワインを飲んでると、すぐさま女性が営業にやってきました。見た感じ32,3才のグラマラスな金髪女性。

女性:ハァイ!どこからきたの?

僕:日本です。

女性:仕事?

僕:旅行です。

お決まりの会話から始まり、

女性:ホテルでマッサージしてあげるわよ。

ホテルに誘われます。値段はドルで提示されましたが、ルーブルしか持ってないと言うと、

2時間で2万ルーブル(約3万2千円)

朝までで3万ルーブル(約4万9千円)

高い。

とは言えせっかくモスクワまで来たし、金髪碧眼美女を抱きたいのでやも得ません。

1人目の女性とは15分ほど話してたと思いますが、ちょっと歳食ってたし、他の女性も見たかったので丁重にお断りしました。

2人目の女性

1人目の女性をリリースすると、すぐさま2人目の女性が来ます。

透き通るような白い肌に澄んだ青い瞳、さらさらなナチュラルブロンドヘア。これぞスラブ美女といった感じのどストライクな金髪ちゃんです。

1人目の女性と値段は同じ。この娘なら大金払っても良いと朝までコースをお願いしました。

ホテルへ

彼女がアプリで呼んでくれたタクシーに乗り込むと、あっという間にホテルに到着。

宿泊先のマリオットグランド(昼間撮影)

ドライバーに500ルーブル渡してホテルに入ります。

事前調査ではドアマンにチップが必要との情報もありましたが、払わなかったというか、そもそもドアに誰もいませんでした。

マリオットホテルオススメです。

モスクワのホテルを見る


ホテルのエレベーターで早速ベロチュー。海外風俗はこれまで経験ありますが、ディープキスは初めてかも。しかも金髪碧眼のロシア美人と。感激しました。

1回戦

チュッチュしながら部屋に入る。

部屋

まずはマッサージしてあげると言われましたが、もう我慢ができないので2人でシャワーへ。

丁寧に洗ってくれました。

そしてベッドでドン。白い肌、ピンクの乳首を貪るようにいただきマス。クンニは10分ぐらいしてたと思います。そのかいもあってか彼女も大洪水。自分で乳首をいじるどスケベちゃんです。

ゴムフェラの後、正常ー騎乗ー正常。

ホテルから苦情が来るんじゃないかって思うほど大きな声の金髪ちゃんでした。(感涙)

1回戦の後、マッサージしてくれたり、ベッドでイチャイチャ。そのまま寝落ちしました。

2回戦

4時ぐらいに目が覚め、彼女も起きていたので甘えるように抱きついて2回戦目突入。

20分位騎乗位してたと思います。

これがまた声の大きいのなんのって、ホテルから怒られるんじゃないかと心配になりましたが、スラブ美人が自分の上で喘ぐ姿はたまりません。

バック、正常位と移行して最後は熱烈なベロチューしながらフィニッシュ。

もう最高でした。

終わった後もベッドでイチャイチャして朝まで過ごし、6時ぐらいに帰っていきました。

ちょっと高かったけどロシア美人と恋人のような一夜を過ごせたので大満足です。彼女らは英語も堪能だし、事務的な塩対応は全くありませんでしたし、何よりも超絶美人です。

良い思い出になりました。

終わり

コメントの入力は終了しました。