デュッセルドルフのFKK MAGNUM SAUNACLUB(マグナムサウナクラブ)に行ってみた – 2019年9月ドイツ旅行

夏休みのヨーロッパ旅行中、ベルギーからドイツに入ると真っ先にFKKに向かった。

FKKマグナムサウナクラブ外観

FKK マグナムサウナクラブへの行き方

場所はここ。


デュッセルドルフからだと電車かバスで行ける。電車を使った方が早いが、乗り換えが面倒なのでバスの方が便利かもしれない。上の地図でルート検索すると正確に導いてくれる。

自分はベルギーから列車でドイツ入りしたので、そのままベンラート駅まで列車で行って、駅からUberでマグナムまで行った。

ベンラート駅からUberで10分程度、20ユーロくらいでマグナム到着。

マグナムサウナクラブの料金

入場料60ユーロ、女の子へのチップが50ユーロ。11時から15時までがハッピーアワーとなっていて入場料が30ユーロになりお得だ。

Uberを飛ばし、15時ちょい前に入場。受付でタオルとガウン、サンダルを受け取る。ハッピーアワーに間に合ってよかった。

ロッカーの場所を探してたらちょうど出勤してきた嬢に教えてもらう。キュートな嬢だ。最初はこの子にしよう。

ロッカー

シャワーを浴びてバスローブを着てフロアーへ。

店内にはバーカウンターにラウンジ、プール、食堂。日焼けマシンやタイマッサージ(30ユーロ)まである。綺麗だし、広いし。居心地は良い感じ。

プールが広くて深い。良さそうだが9月の今はシーズンオフ。

サウナクラブと言うのにサウナは見つからなかった。きっとどこかにあったのだろうが。

客は3〜4名。女の子は10名くらいだったと思う。平日の15時なのでガラガラだ。

ジーナ21歳

バーでソーダを頼みソファーに座っていると、さっきロッカーの場所を教えてくれたキュートな嬢がやってきた。グッドタイミング。

ジーナ:どこから来たの?

すこっち:日本から旅行中だよ。君は?

ジーナ:ルーマニア

すこっち:いいね

ジーナ:何してるの?

すこっち:ソーダを飲んでくつろいでるよ。

ジーナ:特別なことしない?

すこっち:どんな?

ジーナ:SEX

すこっち:OK

たわいも無い会話で部屋へ。

ルーマニアのジーナ嬢21歳。真っ白な肌にスリムな体の東欧美人。推定Eカップの美巨乳だが乳首ピアスがあった(残念。。)

ジーナ:ゴムなしBJはプラス20ユーロよ

すこっち:ゴム付きでいいよ

ベッドにタオルを敷いて横になる。

乳首舐めからゴム付きBJ。久しぶりの白人の肌に即ギンギンになった。

騎乗、バック、正常。逝きそうになったらポジションを変えて15分ほど。オーソドックスなプレイだったが愛想がよい優良嬢であった。

リアーナ22歳

ブュッフェの準備ができたようなので食堂に行ってみる。

サラダ、パン、ハムやソーセージ、パスタなど昨日泊まったホリデイインの朝食よりも充実している。しかもうまかったし、ジーナとセックスした後で食欲もあり、がっつり食ってしまった。

食事していると近くに座っていた金髪美女に話しかけられた。

リアーナ22歳ブルガリア出身。文句のつけようがないスレンダー東欧美人だ。

食事しながら話がまとまり、コーヒー片手に部屋へ。天然金髪、天然乳。肌は少し日焼けしていてそれがまたセクシーだ。

ゴム付きBJの後、彼女から四つん這いになってドギーで開始。

バックで突きながらベッドの横の壁一面の鏡を見る。金髪美女の日焼けしたおしりガッツリ掴んで腰を振っている俺。

少し開いた窓からは、外を走る車の音が聞こえてくる。ここはドイツの田舎町の娼館で、昼間から白人相手にセックスしている。

なんだかアウトローと言うか、ゴルゴ13にでもなった気分。

非日常を楽しむのが旅行の楽しみとすれば、これほどの非日常はない。

バック→騎乗→正常。超絶美人で非日常感にも興奮したが、先程出したばかりなのでなかなか出ない。

30分以上使ってフィニッシュ。それでもニコニコしていて愛想の良いリアーナ嬢であった。

マグナムサウナクラブからデュッセルドルフへ帰る

リアーナ嬢の後、もう1人ブルガリアのムチムチギャルを召喚したが、これは地雷だった。臭いし。

2時間の滞在で3人。食事付き。お金は少し使ったが、心もお腹も満たされた。やっぱりFKKは最高だ。

満足したので帰る。

帰りはバス。Neuenhausplatzと言うバス停からデュッセルドルフ行きの737番バスが出ている。一本でデュッセルドルフまで行けるので楽だ。

チケットは運転手から購入。このバス停が始発なので、出発時刻を待っている運転手から買えば良い。

デュッセルドルフまでの50分のバスの旅。FKKの余韻に浸る。

続く